2012.04.06 Friday

春の陽氣

0
    寒さが戻ってきて気温も低め。
    でも太陽の位置が冬よりも高いというだけあり
    陽が射すと暖かいですね。

    やはり陽の氣がどんどんと高まってきています。
    ほら、葉牡丹も立春を過ぎると
    急にスクスクと伸び育つでしょ。

    先日、春風のように体のなかでも風が吹いているお話をしましたが
    私の体のなかでも顕著に表れました。

    春の頭痛。。。。

    頭痛、とまではいきませんでしたが側頭部を触ると痛い。
    テンションも↑↑状態で。

    そんな中、カレーライスが食べた〜い。
    という心に従って夕食はコレ。

    生野菜にカレーライス。

    実は生野菜には氣を下げる作用があり
    このカレーの辛みには氣を発散させる作用があります。

    イライラ、ストレスなどでテンションが上がって方にも
    生野菜、いいですよ〜。

    こんなときは、いつもよりちょっと多めにいただきましょう。

    入浴後の水分補給も炭酸水で氣を発散。
    就寝前のストレッチには下腹部中心の腹筋も取り入れて、と。

    食後には少し楽になり、翌日はすっきりしていました。
    この方法を知らないときには側頭部のイヤ〜な痛みを抱えたままの数日間でした。

    側頭部に痛みがでるのも春の特徴。
    ここに「胆」の経絡が走っています。

    東洋医学で「春」は「肝・胆」がとてもよく働く季節となっています。
    でも働き過ぎるといろいろと弊害が出てきます。

    今回も働き過ぎるために起きたことなんですね。

    その時それぞれの体を調整する方法を知ると
    日常生活がすこ〜し楽になります。

    ちなみに、貧血の方はサラダ召し上がるなら
    温野菜にされるのがよいです。
    氣が上がっていない状態に、生野菜を食べると
    さらに氣が下がっちゃいます。 
    お気をつけて。

    2012.04.02 Monday

    花粉症で気付く

    0
       この時期、花粉症でお悩みの方がとても多いですね。

      私は飛散量が多いと肌がピリピリとするのでマスクで保護して
      帰宅後すぐ洗顔。
      外出先でもピリピリがきついときには、軽く水洗いをします。

      鼻水が止まらない
      鼻がつまる
      涙がとまらない
      くしゃみがでる

      症状いろいろ、重複さえあります。

      花粉症の原因には体の冷え、というのも要因です。

      でも、
      秋・冬は寒い恰好はしていないし、
      体の温まるものを食べていたよ〜。

      とおっしゃるかたでも
      夏、冷房ガンガンあたっている環境にあるなら

      「私、花粉症になります!」

      の下地を作ってしまいます。

      自分が適温!適温!と思っていても
      内臓が冷えている、いうことがあるのです。

      この季節はもうちょっと先のことですね。
      その時期になったらまた、確認してみましょう。

      そう、花粉症の症状がきつい方は無意識に体をほぐしているところがあります。

      それは「前腕」
      肘から手首までです。

      人によっては
      「あれ?腕が太った!!」
      と思われる方もいらっしゃるくらいです。

      前腕内側をよ〜く伸ばすとイタ気持ちいいと思います。

      肘から手首までの親指の延長線上を
      モミモミしてみましょう。
      イタ気持ちいいを通りこし、痛いかもしれませんね。

      ここは「肺経」の経絡が通っているところです。

      なんでここ?
      と思われるかもしれませんが、

      胃の調子がわるいときに
      口の横に吹き出物ができたご経験はありませんか?

      胃なのに何故口のまわり?

      それは胃の経絡が口の横を通っているので
      その経絡上に表れるのですね。


      ムズカシイことは横においておいて
      肘から手首まで、
      とくに親指の延長ラインを
      まずはモミモミしてみてくださいね。


      2012.03.27 Tuesday

      胃下垂

      0
         「胃下垂」の人って (よく食べるのに) 太らないよね ってよく聞きます。
        確かに、確かに、太ってなかった。

        胃下垂歴 ○十年。  ・・・でした。

        ごはんを食べると普通はみぞおちあたりがポッコリと膨れて苦しぃ~となりますね。
        胃下垂だった私は、ソコではなくオヘソの少し上あたりがパンパンになって苦しぃ~

        たぶん胃下垂? と子供のころから思い続け、社会人となり、人間ドックでバリウム飲んで
        「胃下垂」診断

        ほれほれ、やっぱりそうやった!!


        その「胃下垂」が治ったのは、ヨガを始めて2年ほどしたころ。


        ヨガには胃(内臓)を上に持ち上げるポーズもあるけれど
        ヨガをすることにより、他の不調もあわせて治っていったので
        体が整ったみたい。


        なのでいままでにない感覚。
        いっぱい食べると、みぞおちあたりが膨れて くるじぃ~

        新鮮な感覚。

        いやいや、そんなところで喜んでないで腹八分にしておきましょうよ。


        ま、これらはいいとして。


        「胃下垂」

        これは東洋医学では「気陥」という状態です。
        内臓を気で持ち上げていると考えています。

        なので体内に気が足りないと内臓が下がってしまう、というわけです。


        じゃぁなぜたくさん食べるのに太らないの?

        それは、胃の働きが鈍くなって
        「お腹がいっぱいになったよ~」
        という伝達がうまくいかないっていうのが考えられます。

        食べていても「気」に変えるだけのパワーもないのです。

        そうです。
        食べているだけではダメなのです。
        消化やいらんもんを外にだせる身体じゃないとね。


        東洋医学でいう 気・血・水 を整えることが
        とても大事になります。

        ほな 気・血・水 って?

        またぼちぼちと書いていきます。
        お待ちくださいね~

        胃で消化しやすいように粉々にした食べ物は小腸へと送られて
        小腸で消化吸収されます。

        胃下垂の方って腸も弱くありませんか?





        << | 2/2PAGES |