2016.04.10 Sunday

ひとりごと

0


    昨日は。。。。


                 Pink Tulip



    たくさんの愛情をいただける機会に恵まれ

    『 ありがとう 』とお伝えしたい。

    本当に

    人との出会い

    人との繋がりって

    とっても豊かなものだな。

    と、感じ入る一日でした。


    私も周りの方が豊かになれるように

    そんな関わりかたが出来るといいな、と思っています。


    Pink Tulip の 花言葉
    「caring(優しさ、思いやり)」
    「attachment(愛着、愛情)」
    「happiness(幸福)」


    2016.04.07 Thursday

    校訓

    0
       なせば成る

       なさねば成らぬ

       何事も

       成ならぬは人の

       なさぬなりけり





      江戸時代後期、米沢藩主の上杉鷹山が次期藩主・治広に
      家督を譲る際に申し渡した藩主としての心得の一つです。


      いまは統廃合され、無くなってしまった高校の校訓でもありました。


      一週間、授業は5分短縮(懐かしい)となり、
      校訓、校歌、応援歌(10曲くらいあったと思う)を口伝で
      応援団より教えていただく、ということが
      新入生にとってこの季節の一行事になっていました。
        キビしかったのよ〜 泣く子もいましたよ。
      もともと男子校だったので、その歴史を受け継いでいましたね。


      いまでも好きな言葉です。



      思うだけでなく

      どんどん

      やっていきますよ〜!




      自分を奮い立たせてくれる言葉です。
       

      2016.03.28 Monday

      2016 LIVE SDD

      0
        今年で9回目となる LIVE SDD
        飲酒撲滅運動『 STOP DRUNK DRIVING 』を 大阪から発進するイベント。


        新人アーティストからベテランアーティストまでは2〜3曲を全力で唄ってメッセージを届けてくれます。

        西内まりや や 急遽参加が決まった(と言っていたけど)EXILE SHOKICHI
        和楽器バンド や ファンキー加藤、ゆず
        家入レオは21歳ながら3回目の出演(!)
        プロジェクトリーダーのSTARDUST REVUEは学生の頃からのファンだし。
        (えっ? 何年?)
        プリンセス プリンセスが好きだった世代には 今回 岸谷香が参加していたので
        「M」や「世界でいちばん熱い夏」「DIAMONDS」を披露してくれたので
        思いっきり唄いましたけど
        (なにか?)



        普段何気なく聞いている、でもライブまでは足を運ばない方々の生の声を聴けるチャンスでもあるので、毎年楽しみにしているのです。

        今年は12万通の応募の中からの1万人がチケットを手にしました。


        いつも思うのが、新人とベテランの場の雰囲気作りの違い。
        そして、
        いつもはグループで活動しているけど、ピンでステージに立つアーティスト。

        たった2曲、3曲、10〜15分の自分だけのステージ。

        ベテランは出てきて一瞬にして自分たちの空気を作りだし
        会場をホームグラウンドにしてしまいます。

        イベントとはいえ一万人、360度の観客の前で歌うということがまだないアーティストにとってはめいっぱいの緊張だと思います。
        自分の伝えたいことや一生懸命さをこの短い時間のなかで伝えることができると
        本当に心に残るのです。
        かわいいだけでも歌が上手なだけでもない、何かが心に響きます。

        今年も歌だけを楽しむのではなく、学ぶこと多きLIVEだと思ったのでした。

        2016.01.17 Sunday

        とんど焼き

        0

          1月15日。

          今年も『とんど焼き』のお手伝い


          朝の5時50分には神社到着。

          6時からは神事が行われます。




          年末に『お火焚串』に願い事を書いたものが
          この火の中に。。。

          お手伝いでもしていなければ
          この時間に神社にはなかなか行かないですね。

          甘酒接待もあるので
          それように 生姜 をすります。

          9時くらいになると、火もだいぶ小さくなりました。

          私もしめ飾りを取りに帰って、この火の中に。


          お正月気分で浮足立っていた(長い?)のも
          この『とんど焼き』で気持ちもリセット。

          毎年私にとって大切な行事です。
           



           


          2015.10.02 Friday

          セルフチェック

          0

            朝のニュースで  

            乳がんは12人に1人(!)

            と報道されていました。

            私の周りにも 全摘出手術、乳房温存手術、抗がん剤治療で、
            という方が何人もいらっしゃいます。

            8年前は23人に一人と言われていました。。
            それでもその時は「多いな」と思ってました。

            なのに、なのに

            この人数の増え方はなに?

            今日現在、12人に1人って。。。

            以前は子供を産んでない人が、とか、
            子育てしていても
            オッパイをあまりあげてないほうのお乳がなりやすい
            とかいわれ、
            40〜50歳ころに発症
            という認識でしたが、いまは若い方も多いですね。

            検査方法もエコーやマンモグラフィなどがあり、
            これも賛否両論ですが
            セルフチェックもできます。


              セルフチェックの仕方


            わたしは乳房が「石灰化」しやすいようで
            乳がん検診では再検査になることが多いのです。

            何年か前の再検査の時に、
            出会った先生が
            とてもわかりやすく
            自分で行う触診の方法を教えてくださいました。

            触診をしたときに コリッ と硬いものに触れると ドキっ とします。

            乳がんのそれ 梅干の種 みたに硬いのです。

            過去に触らせてもらったことがあるのですが

            本当に硬い


            自分の石灰化された細胞も硬いと思っていたけど
            別物の硬さでした。


            コリッと硬いものに触れたなら
            オッパイは柔らかくて上下左右に動きますよね。


            なので

            その硬いシコリを肋骨の上に持っていって
            押してみます。


            そこで フニャっ とするとそれはガン細胞でなく石灰化されたものかも。

            もし梅干の種のように コリッ としたら病院で検査してもらったほうがよいです。

            たとえ フニャ としたとしても、
            診てもらうにこしたことはありません。

            セルフチェックはいろんなところで公開されていますが、
            そのコリコリがなんなのかがわかるまで
            ドキドキしますよね。

            ひとつの判断に方法になるといいな、と思います。
             


            2015.09.29 Tuesday

            足もみ教室 ノマド さんの足もみがあります!

            0
              『足もみ』をこよなく愛する 

              足もみ教室 ノマド さんが

              出張してきてくださいます。

              今回は 足もみ足跡 だけじっくりとびっくり

              定期的にきてくださることになり、その都度ご自分のカラダのチェックもできるようになります。

              太陽さん、ノマさんご夫婦の「足もみ」にかけられる愛情に施術を受けられた方の足を見せていただくと一目瞭然です。

              普段から一週間に一度、マッサージを受けに行く!とおっしゃる方がマッサージに行っていてもほぐれた感じがしないのにノマドさんの施術でふくらはぎなんてプルンプルン♪

              普段は河内長野でご活躍されていますが

              どうしてもこちらでお願いしたい! という申し出を快諾して下さいました。

              京都や大阪市内からも河内長野へ通われるかたもいらっしゃいます。

              ノマドさんの腕と愛情はお墨付きです!


              この機会に是非あなたもいかがですか?


               10月30日金曜日


              若石式体質改善足もみ 45分  6,000円

              今回、特別に感謝の5分延長
              きらきら で 50分施術

                所要時間  約1時間10分


              【施術枠】

                1) 10:00 ~ 11:10

                2) 11:20 ~ 12:30

                3) 13:00 ~ 14:10  (残1名)

                4) 14:20 ~ 15:30
                (残1名)

                5) 15:40 ~ 16:50

                6) 17:00 ~ 18:10



                ※ カルテを記入いただきます
                5分ほど前にお入りいただけます

               
                ・食後1時間ほど開けてお越しください。
                ・膝うえ10僂泙燃擇砲△欧討い燭世韻詆装
                 (ご持参いただいて着替えることも可能です)

               


              先着12名です。
              メールにて受け付けます。

              ・お名前 
              ・ご連絡がつきやすいお電話番号
              ・メールアドレス
              ・希望の時間枠

              を下記までご連絡ください。

                  karadabase@gmail.com



              場所は阪急「山田」駅 徒歩10分

              アロマ・ハーブ教室  あろま雅

              吹田教室
              大阪府吹田市山田東4-41 ローレルハイツ千里3号棟-402



              足もみ教室 ノマド さんのブログは こちら
               

              2015.09.20 Sunday

              SUNTORY YAMAZAKI DISTILLERY

              0

                先週末、サントリー 山崎蒸留所へ。



                いつも電車ではこの前を通るけれど、下車することはなく 一度電車が信号待ちから動かなくなったときにプラットホームでボーっと座っていると、とても気持ちの良い場所だった という記憶だけ。

                山の麓というところは本当に気持ちのよいところです。こんな素敵なところでウイスキーが作られているんだあ、としみじみ。







                蔵の中は、冷暖房はなく外気温がそのままこの蔵の温度となるそうで、この日は外が27度あったにもかかわらず山の麓の蔵はヒンヤリ。


                季節により、蔵の中の漂う香りも異なるのだとか。

                今日のように温度が高い時はそれぞれの樽から芳しい香りが充満。

                それだけで酔ってしまいそうでした。


                左:12年寝かせたもの 右:4年間寝かせたもの







                見学の最後はテイスティング。

                『ニューポット』 蒸留されたばかりの無色透明のモルトウイスキー
                アルコール度数は70%ほど
                口にすると、喉元を通るというより蒸発していく感じです。



                『山崎』 ミズナラ樽貯蔵モルトとワイン樽貯蔵モルトがブレンドされている



                『山崎18年』 シェリー樽原酒が中心




                熟成年数だけではなく、貯蔵されている樽により色・香り・味が変わります。





                ウイスキーの味わいによりおつまみも変化



                ブレンダ―の方が日々、テイスティングする方法でウイスキーの芳香が堪能できる飲み方『トワイスアップ』(常温のウイスキーを同量のお水で割ります)で 原酒をそれぞれテイスティング。

                最後は美味しいウイスキーの入れ方を教わり、ほろ酔い~




                季節により香りが変わるという蔵へ、今度は冬に行ってみたいな~

                 


                2015.09.11 Friday

                毎日食べていたもの。

                0

                  10日前から一週間、なにかしら食べていました。

                  これ!


                  カレーライス だったり カレー&ナンだったり
                  カレーパンだったり。

                  私、相当浮腫んでいたのかな?!
                  一週間って。。。


                  浮腫んでいるとき、必然的にカレーを求めます、私。

                  このカレー 週間の数日前も

                  一日目 カレー
                  二日目 担担麺
                  三日目 担担麺のスープだけ

                  でしたから。


                  そんなにカレーも担担麺も辛味が入っているので
                  血行はよくなります炎

                  浮腫みは汗(運動、または発汗する食材)や利尿・排便で余分な水分を出しますが、カラダがほどよい辛味を求めているっていうことはそういうことですよね。

                  確かに、ちょっと指が浮腫んでいる感じがしてました。



                  そうそう、先日カレーを食べにいったとき
                  食後にだしてくれました。

                  これ、なに?


                  初めて食べました。

                  ん〜、、、食べたことある味だけど。。。。
                  スパイスが砂糖でコーティングされている。。。


                  お店の方に聞いてみる『フェンネル』でした。

                  「食後にいただくと口臭予防と消化を助けてくれますよ」

                  とのこと。

                  ほぉ~うれしい



                  薬膳では「小茴香(ショウウイキョウ)」といいます。

                  料理に使うなら肉や魚の臭み消し。
                  関節や筋肉の冷えや食欲不振にも使います。



                  お店の方に

                  『これ、欲しいので売っていますか?』

                  と尋ねると

                  『おぉ!売っていないので、内緒であげます』

                  って、インド人店員。
                   (いいのか?そんなことして??)


                  ナマステ~合掌
                  ありがたく頂戴いたしましたキラほし

                  2015.04.12 Sunday

                  しろたまり 仕込み

                  0
                    手造り しろたまり講座 に参加しました。 

                    普段から愛用の 足助仕込み『三河 しろたまり』
                    これを自分で仕込めるなんで シアワセハート


                    左から 今回購入 しろたまりのから揚げのもと
                        今回購入 しろたまりの卵かけご飯
                     
                       愛用の  しろたまり
                        長期熟成 しろたまり「琥珀」
                                        日東醸造株式会社


                    醤油は普段のお料理にかかせない調味料ですね人差し指

                    この醤油は

                    濃口 ・ 淡口 ・ たまり・ 再仕込み ・ 白

                    と 5種類あります。

                    「白しょうゆ」は大豆が5%ほど入っていますが
                    「しろたまり」は大豆は入っていません


                            味見は全部で6種類


                    原材料に「大豆」が入っていないと法律上
                    「しょうゆ」と表記ができないそうです。


                    愛用の『三河 しろたまり』は

                    100%小麦麹。 

                    なので「しょうゆ」とは名乗れないのです。。。
                    「小麦醸造調味料」 というのだそうです。

                    お醤油は麹をつかって造るもの。

                    麹が発酵して熟成されていくには時間がかかります。

                    仕込み期間 

                    濃口 1〜3年
                    淡口 8カ月
                    たまり、再仕込み 2~3年
                    白  3か月

                    だそうです。


                    熟成させる時間が長くなればどんどん色が濃くなります。

                    そして大豆を使うことで色が濃くなります。

                    お味噌も時間を置くと、濃い色に変わってきますね。


                    今回の「しろたまり」は三か月でできるそうです。

                    熟成させれても「黒」にならないのは大豆を使っていないから。
                     上記の「長期熟成 しろたまり 琥珀」の画像がそうです
                    時間が経つと、黒ではなく琥珀色に


                    今回

                    「しろたまり」と同じ麹、水、塩を使い手造り







                    完成!


                    三か月後時計

                    うふふ嬉しい

                    楽しみです♪

                     

                    2015.04.04 Saturday

                    野草土鍋料理教室へ行ってきました

                    0
                      3月最後の日曜日。
                      昨年から季節ごとに綾部で開催されている『野草土鍋料理教室』へ行ってきました。


                      野草は以前から興味あったものの、アクの抜き方や調理方法など
                      知らないことも多く、また北国育ちの私にはこちらで出会う初めての野草たちにとても興味津々。

                      普段は道端で踏みしめていた草たちが、実は食べられた野草だったなんて!

                      驚きと感動。

                      そして、名前が判らない野草。
                      名前だけが判っている野草。


                      一致したときの感動ったらないですっ!!


                      わたくし、田舎育ちなもので
                      小学校のときの通学路は 学区がちょうど二つの小学校の合間ということもあり
                      片道約1.5キロほどの道をブ~ラブラ歩きながら通ったものです。

                      あまりにも自然とたわむれながら帰るので20分ほどで帰れる道を
                      2〜3時間かかり、お腹が空いているのも忘れるほど汗

                      通学路にはもちろん草花はワンサカ、クマササも生えているところもあれば
                      坂道もあるので、冬場はお尻でソリのように滑りながら帰ったり
                      違う道から帰ると海辺で遊びながら、なんてことも。

                      いま考えると、自然とたわむれられるとても贅沢な時間を過ごしておりました。

                      あ、話がそれました。


                      このお教室は
                      若杉ばあちゃんのところでスタッフとして長く過ごされていた方たちばかり。

                      食べものの大切さ、調味料の大切さを教えてくださりながら
                      料理教室はスタッフの方が手際よく進めてくださいます。


                                  ↑ 野草ハンバーグ作成中 ↑


                      そして今回のビックリ!

                      「クローバー」って食べられるんだ!

                      花飾りをつくったりするあのシロツメクサですよ!


                      アカツメクサも食べられるそうですが、今回は白のほうでした。

                      それに
                      ちょっとトゲトゲして紫色の花を咲かせる
                      「アザミ」

                      そしてそして「丘ジュンサイ」とも呼ばれる「ギシギシ」

                      私、これで小さいころよく遊んでいたんですね。
                      若葉が薄い袋に包まれていて、その袋の中には透明のゼリー状のものが入っているんです。

                      このゼリー状のものをたくさんありそうなものを探しては ピューっ と出すのが楽しくて。

                      食べるのはこの若葉の部分。


                        「ギシギシ」の葉っぱと名前が初めてリンクしました

                      これはアクを抜いて刻み、お醤油で味付けしたおだしに投入。 

                      それだけ!

                      これをご飯にかけていただくのです。

                      ひゃ〜美味しい!
                      本当に「じゅんさい」みたいです。

                      トゥルン、トゥルン!

                      これは、どこにでも生えています。
                      今日もあちこちで見かけました。

                      このギシギシ、ちゃんと薬効がありました。

                      寒性  苦味・渋味  帰経:心肝大腸
                      効能: 便秘、皮膚病のかゆみ、止咳、止血、胆汁分泌促進
                          熱性疾患、魚類の中毒など
                      シュウ酸が多いため、多食・常食は禁止


                      となっています。


                      今回も本当に
                      とても美味しくいただきました。
                      ごちそうさまでした。

                      上段左から:よもぎの味噌汁、笹茶
                      お皿上段左から:たんぽぽとつくしのサラダ、クローバー・タンポポ・アザミの天婦羅、せりとあざみのピリ辛炒め、クローバーとカンゾウの磯辺合え
                      下段:はこべのクッキー、のびるとからすえんどうの野草ハンバーグ、のびるとつくしの油味噌、よめなごはん、ギシギシのトロトロ汁
                       

                      << | 2/5PAGES | >>