2016.07.26 Tuesday

普茶料理 

0

    更新し忘れてました(>_<)

    ほぼほぼ一か月前のこと。。。

     

    念願叶い、初めての普茶料理へ。

    やっと行けました。

     

     

    萬福寺

    ポクポクポク と よい音が響く木魚の原型である魚板がある

    京都府黄檗宇治市 に黄檗宗大本山萬福寺のお向かいに。

     

     

    『 白雲庵 』はあります。

     

     

     

    正座覚悟で訪れましたが、お部屋い通されると

     

    イスでした。(よかった~)

     

    それぞれのお席には

    中国から日本に伝わったという精進料理は、日本のものとは少しちがいます。

    大皿に盛られて、皆でとりわけるスタイル。油もしっかり使ってあり

    食べごたえも十分あります。

    お飲物も煎茶に始まり、食事中には烏龍茶が。

     


    最初に用意されたものは

    抹茶入り落雁とお煎茶。

    さすが、お茶所の宇治です。

    色あざやかな緑!

     

     

     

    ランのお茶   口の中を清めてくれるそうです。

     

     

    赤ずいき 酢味噌かけ

     

     

    ゆばと山椒

     

    あれ?お皿に盛られてくるとおもいきや

    小鉢でしたか? 勘違いだったかしら?

    と思いましたが。

     

     

     

    登場!

     

    13種類のお野菜ときのこ 吉野くずあん

     

     

     

    ごま豆腐

    これがまた 香ばしいのです

     

     

    綺麗に盛られてきました!

    それぞれに写真を撮りまくり、なかなかお箸をつけられません(笑)

     

    中心は

    ・青梅の甘煮

    真上から時計回りに

    ・水前寺のりと山芋

    ・大徳寺麩

    ・みょうがの甘酢漬け

    ・抹茶寒天

    ・黄檗豆腐

    ・茄子田楽

    ・ゆば

    ・うなぎの蒲焼もどき

    ・人参松風

    ・天井昆布

     

     

    天ぷらの盛り合わせ

    中心は

    ・さつまいも と はじかみ くずそうめん

    真上より時計回りに

    ・れんこん

    ・生麩の磯部揚げ

    ・麩

    ・巻き湯葉

    ・いんげん と ごぼう

    ・梅干し 

     

    梅干し?! と思いましたが

    はちみつ漬け梅干し、ほどよい甘酸っぱさ。

     

     

    一人分を取り分けて

     

     

    そろそろご飯も欲しいな~、ということで

    お茶入りご飯。

     

    お漬物

     

    お吸い物  この器がステキ♪

     

     

    デザートにはこの季節ならではの

    赤しそゼリー。 

    美しすぎます

     

     

    また再訪したいお店が一つ増えました。

     


    コメント
    コメントする