2018.01.18 Thursday

『手作りみそ 仕込み』WS

0

    手前味噌をつくろう!

    開催日時:


    1月26日金曜日 10時半〜12時半  京都市内

    2月22日木曜日 13時半〜15時半  京都市内 満席

    2月23日金曜日 13時半〜15時半  京都市内 満席


    *お申込みの方に開催場所はお伝えいたします

     

    みそ作りWS

     

    無農薬大豆を使用した味噌仕込み、お一人約4キロを仕込みます。

    米味噌は甘口タイプです。

    お持ち帰り重量はお味噌の上にのせる重り分を含め約5キロです。

     

    味噌樽は黄色の丸い漬物樽5号(径25cm×20cm)で4kg仕込めます。
    漬物樽やホーローや木の樽でもご自宅にあるものをお持ち下さい。

    お持ちでない方はこちらでご用意いたします(別途 樽代500円を申し受けます)

     

    お味噌は 「 麹  大豆  塩」 で作ります。

     

    麹や豆の種類が変わると

    「こんなに味が違う!」

    も試食体験していただけます。


    講習代 2500円
    材料費 3500円

     

    お申込みの際にみそ樽を

    持参する

     または

    購入する(別途500円)
     

    をご連絡ください。

     

    麹を発注しますのでキャンセルした場合、

    キャンセル料が発生したいたします。


    2週間前から5日前まで   1500円
    4日前から当日             3000円


    ◎当日持ち物

    ・味噌樽を持ち帰れる袋
    ・筆記用具
    ・エプロン

    ・三角巾

    ・手ふきタオル

     

    ◎お申込みは

    karadabase※gmail.com

    (※印を@に変えて送信ください)
     ・お名前
     ・日中連絡のつく電話番号
     ・希望日
     ・味噌樽の有無

     

     送信後、2日経っても返信がない場合は、
     届いていない可能性がありますので、
     再度送信をお願いいたします。

    2017.10.27 Friday

    秋の手仕事

    0

      どど〜ん!とやってきました。

      渋柿✨

      ご近所さんからお分けいただきました😊

       

      まずは、柿を洗って。。。

       

      わ!嬉しい

      ちっちゃな でんでん虫 がくっついてきてました。

       

       

      干し柿をつくるには

      吊す場所を取りすぎる。

       

      毎年、洗濯物と干し柿と場所の取り合いっこ。

       

      でも、今年はきらきら

       

      違う方法で「渋抜き」

       

       

      それは。。。
       ちょっと飼葉をハムハムしてるみたい。。。

       

      違う方法で「渋抜き」
      塩水で「渋」を抜くというもの。
       これは35%の塩水
      1か月ほど抜けるそう。。。

       

      でも、ほんのちょっとだけ
      干し柿にも。

       

      熱湯に5秒ほどつけてカビ防止。

       

      お天気が良いので干しましょう晴れ

       

      出来上がりが楽しみ♪

      2017.10.08 Sunday

      季節の手仕事

      0

        一年に二度、必ずつくるジャムの季節

        一つは6~7月に杏ジャム。

         その時の記事はこちら

         

        そしてこの季節の葡萄ジャム。

        キャンベル

         

        葡萄は親戚がぶどう園をしていたこともあり

        子供のころはいつもぶどう箱が置いてあるので

        この季節は部屋中良い香りがしていました。

         

        登校途中には山ぶどうもなっていて、

        叔母がつくるぶどうジュースが絶品きらきら

        いまはもう飲むことができないのが残念がっかり

         

        寒い地方の葡萄は巨峰などの大粒の葡萄と違い

        食べやすい小ぶりの粒で「黒ぶどう」とも呼んでいました。

         

        懐かしい「黒ぶどう」

        「アーリースチューベン」「キャンベル」など。

        今回はキャンベルを使ってジャムに。

         

        まずは種とりから。

        やく1.5キロ分をせっせと。

         

        これを家の周辺に蒔きたい(笑)

         

        きび糖を投入。

        葡萄の1/3量。
         

        アクを取りつつ、ゆっくり弱火で小一時間。

         

        出来ました嬉しい♪

        (ただいま、脱気中)

         

        今回は葡萄が思いのほか甘かったので、

        最後にレモンを1/3個分を絞って加えました。

         

        葡萄は「血」を作ってくれる食材なので

        旬のこの時期、たくさん食べたいですね。

         

         

         葡萄
        【性味】   甘, 酸/平

        【帰経】   脾,肺,腎
        【働き】   補気養血安胎, 強壮筋骨,利尿消腫,解表透疹

         


        2017.10.02 Monday

        薬膳カレーを作ろう

        0

          粉末になっているものは「シナモン」としてよくみかけます。

           

          デザートに使用される方も多いですね。

           

          そちらは枝の方(⇒桂枝)

           

          肉桂は木の幹の部分を分厚く使用しています。

           

          シナモンスティックと同じよい香りがいたします。

           

          肉の臭み消しにも使われます。

           

          カレーに使うと、ほんのり甘くなります。

           

           

          *肉桂(にっけい)

           

          桂皮

           

           

           肉桂
          【性味】   辛, 甘/大熱

          【帰経】   腎,脾,肝,心
          【働き】   補火助陽,温暖脾胃,温通経脈, 祛寒止痛


          2017.09.30 Saturday

          薬膳カレーを作ろう

          0

            これからの季節、店頭でみかけることが増えてくる果物

             

            みかん みかん 

             

            そのみかんの皮です。

             

            手軽に使えるところがよいですね。

             

             

             

            陳皮(ちんぴ)

             

             

             

             

             

             陳皮
            【性味】   苦,  辛/温

            【帰経】   脾,肺
            【働き】   理気和中,燥質化痰


            2017.09.29 Friday

            薬膳カレーを作ろう

            0

               

              お肉料理にはよく使われるスパイスです。

               

              粉末タイプはハンバーグにも使われますね。

               

              ウスターソースの香り、というとわかりやすでしょうか。

               

              ジンジャーエールの素を作るときにも入れます。

               

               

               

               

              丁香(ちょうこう)

               

               

               

               

              店頭では「クローブ」として販売されています。

               

               

               丁香
              【性味】   辛/温

              【帰経】   脾,胃,腎,肺
              【働き】   温中降逆,温腎助陽,散寒止痛


              2017.09.25 Monday

              薬膳カレーを作ろう

              0

                最近「薬膳カレー」と書かれているメニューをよく見るようになりました。

                 

                「薬膳カレー」に使用されているスパイスは各お店で異なると思いますが

                 

                あなたも薬膳カレーカレーが作れますよ!!

                 

                スパイスとして使用されている薬膳食材をご紹介。

                 

                 

                 

                小茴香(しょうういきょう)

                 

                 

                 

                店頭では「クミン」として販売されています。

                 

                カレーの香りには欠かせないスパイスですね。

                 

                 

                 小茴香
                【性味】   辛/温

                【帰経】    肝,脾,胃,腎
                【働き】   温腎散寒,理気止痛,和胃止嘔


                2017.08.28 Monday

                落花生は2倍必要

                0

                  ん? 何が2倍でしょう??

                   

                  食べて美味しい 落花生

                  落花生

                   

                   

                  こんな可愛い花が咲きます。

                  落花生の花

                   

                  これは枝豆です。

                  こんな風に出来るものと思っていました。

                  枝豆

                   

                   

                  しかし、こんなものがヒョロロ〜っと伸びてきました。

                  落花生のツル

                   

                   

                  そう、このヒョロロ〜と伸びたコレが

                  地中に到達、そして土の中へ。

                   

                  その中でサヤをつくって、マメができるんですよ〜

                   

                  ご存じでした?

                  なので、プランターで栽培すると、花が咲いたら
                  ヒョロロ〜が着地する土が必要です!!!
                  収穫はまだ先。。。
                  楽しみです♪

                   

                  落花生は養血に分類されます。

                  血を増やしたい方、召し上がってくださいね。

                   

                   

                   落花生
                  【性味】   甘/平

                  【帰経】   肺, 脾
                  【働き】   補欠止血,補脾潤肺・和胃醒脾


                  2017.08.10 Thursday

                  桃って。。。

                  0

                    果物って身体を冷やすイメージがありませんか?


                    南国のフルーツは特にそうですが、この暑い時期に収穫されるものは
                    やっぱり身体を冷やす。。。

                     

                    と、思いがちですが

                     

                    『桃』は身体を温める部類に入ります(温性)

                     

                    この時期、汗を多くかきますが
                    お水で身体の水分を補うことはできても
                    お水で身体の中から潤いを作りだすことはできません人差し指

                     

                     

                    桃は食べて美味しい嬉しい


                    身体を冷やさず


                    潤いを作ってくれる♪

                     

                     

                    しかも!

                     

                     

                    エネルギー補給ができるカテゴリーに分類されています(補氣類)

                     

                     

                    桃のシーズンはもう少し。
                    いまのうちに食べておきましょう

                     

                     桃
                    【性味】   甘,酸/温

                    【帰経】   肺, 肝,胃,大腸
                    【働き】   益氣生津,養陰潤燥,利肺鎮咳


                    2017.07.12 Wednesday

                    これこそ「 大葉 」

                    0

                       

                      真ん中は普通サイズ。

                       

                      毎年こぼれ種から育つ紫蘇。

                      そして、葉っぱが巨大化する嬉しい

                       

                      確かに『大葉』に間違いない!

                       

                       紫蘇
                      【性味】   辛/温

                      【帰経】   肺, 脾
                      【働き】   発表散寒,行気寛中,解魚蟹毒


                      | 1/3PAGES | >>